私たちの広告制作の概念は【マーケティング戦略とクリエイティブ戦略】を最適化したものと考えています。【マーケティング戦略】とは、「マーケティングの4P」Product(商品)、Place(流通チャンネル)、Promotion(広告・販促活動)、Price(価格)の広範囲で競合他社で成り立っている市場への適応力の強化を考えること。この4つの項目を最適化することがまず広告活動として非常に重要なポイントとなります。【クリエイティブ戦略】とは、企業の商品・サービスのニーズを満たし、かつ消費者に届く良質なデザインをつくり出すこと。さらには、商品・サービス・ブランド力を高める役割があります。マーケンティングや広告プランがどんなに優れていても、ターゲットのに対してアピール力が弱かったり、見向きもされなかったら意味がありません。よって最高の【マーケティング戦略とクリエイティブ戦略】に基づいた商品・サービスは高い確率で結果が出ると断言できます。
【何を】【誰に】【いつ】【どこで】伝えるのか?商品・サービスが分かりやすく伝わっているのか?情報の構造や、システムなど、様々な要素が機能しているか?人と情報の最適な架け橋になっているのか? などを総合的に考え、消費者のニーズに応え、そして行動してもらう事、常に新しい価値を提供し、企業価値の向上を考える企業でありたいと考えています。
今後、メディアやコミュニケーションツールやデバイスが多様化し変化しても、この【マーケティング戦略とクリエイティブ戦略】の概念は不変の考え方です。社名のパブリシティは、『企業が商品やサービスの情報を報道機関などに提供し、マスメディア等で報道されるように働きかける企業の効果的な広告活動』といった意味があり、【マーケティング戦略とクリエイティブ戦略】の最適なバランスで『効果のある広告』をご提供し、クライアントにとって広告のベストパートナーになりたいという、思いが込められています。全てのご提案に、集客、収益という結果をシンプルに追求させていただいておりますので【伝える】【創る】事についてはプロフェッショナル思考でとことん追求して参ります。
集客、収益に特化した、広告のご相談は、デザインで人と人をつなぐ、広告制作会社『パートナーパブリシティ』まで宜しくお願い致します。

「デザイン」・「インターネット」・「プランニング」・「プリント」4つの柱を軸に事業を拡げ、新しい価値を提供し続ける。そして地域にクリエイティブな人を増やす。

 

 

事業所の名称 有限会社 パートナーパブリシティ
所在地 〒745-0801 山口県周南市久米2902-3
代表者 宮田泰光
略歴
●1992年 東京の広告制作会社入社 〈大手メーカーの販促物の制作を中心に様々なデザイン制作に携わる〉
●1996年 東京の広告制作会社退社
●1996年 山口県の広告代理店入社 〈地元企業のデザイン制作、TVCM、イベントに携わる〉
●1999年 山口県の広告代理店退社
●1999年 有限会社パートナーパブリシティ設立 〈地元企業、県外企業の販売促進、インターネット販売に携わる〉
従業員数 7名〈内パート5名〉
電話番号 0834-34-8130
FAX番号 0834-34-8803
設立 1999年 7月1日
資本金 3,000,000円
主要銀行 山口銀行 周南団地支店、西京銀行 桜木支店
事業の内容 ●各種デザイン制作〈チラシ・POP・カタログ・PR誌・パッケージ・CI計画・VI計画・ロゴマーク・のぼり・POP・ステッカー・名刺・封筒・DM〉
●ホームページの企画・制作〈PCサイト・スマートフォンサイト〉・運営
●ランディングページの企画・制作・運営
●ネット広告のご提案〈プロモーション広告、アドワーズ広告、バナー広告〉
●ネット集客・分析・戦略のご提案
●ショッピングモール出店のサポート〈ヤフオク・ショッピング・楽天・Amazon〉
●販促の企画・制作〈新聞・雑誌・ポスター〉・イベント・商品開発